忍者ブログ
ゲームを作りながらFamous Writerを開発するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日、v4にも*Text.〜系の命令を取り付けたのですが、これは「テキスト描画エンジンの初期設定」と考えていただくとわかりやすいかも、と今頃になって気づきました。
v3の開発者ガイドにある「継承」は、動作仕様としては書いてあるとおりなのですが、初めての方には解りづらいかなという気もしておりまして。

setting.txtなどで*Text.〜系命令を「初期設定」していただき、必要に応じてLayerやMesBody/MesHeadなどを調整、という考え方をすると、*Text.〜命令の意義がわかりやすくなるかと思います。

なお、設定がない時の初期値は、v4もv3と変更ありません。v3の開発者ガイドをご参照下さい。
初期値のままでOKのものがあれば、わざわざ書く必要はございません。
PR
メニューの動作についてご説明申し上げます。
&Menu.LoadScenario/&Menu.SaveScenarioなどをご利用中、おかしな動作が発生した場合は、以下の仕様をご確認下さい。

v3以前とv4で共通の動作仕様といたしましては、メニューから『ロード』や『別名でセーブ』操作をしたり、&Menu.Load/&Menu.SaveAsが実行されると、イベントが発生いたします。
これらイベントでは、&Menu.LoadScenario/&Menu.SaveScenarioで設定されている場合、メモリ内に「仮想セーブファイル」を作った後、当該ファイルに&Jmp命令相当で飛びます。&Callではないので、スタックを気にすることなくお使いいただけます。
設定されていない場合は、OSが提供するファイルダイアログが開きます。

イベント処理が終わると、通常のシナリオ実行と同様に、&Menu.LoadScenario/&Menu.SaveScenarioの内容を処理してゆきます。
従いまして、レイヤー操作や音声操作は、本編と同様に行う事が出来ます。
また、&SaveLocal命令は、この「仮想セーブファイル」の内容を実際のファイルに書き出すのが、正確な動作仕様になります(よほど凝った事をしない限りは、気にする必要はないと思いますけれども)。

&Menu.Return(v3では&DialogFileEnd)命令で、「仮想セーブファイル」の内容に復帰いたします。OSのファイルダイアログで動作している場合は、閉じた瞬間に&Menu.Return命令相当の復帰動作があります。
従いまして、動作としては『ロード』や『別名でセーブ』操作をした瞬間に戻ったように見えます。
「復帰」でございますので、&Menu.LoadScenario/&Menu.SaveScenarioでレイヤーや音声を変更しても、何も命令を書くことなく元通りになります。

また、&Menu.LoadScenario/&Menu.SaveScenarioで示されるファイルは、テキスト内から&Jmpで呼ばないようお気をつけ下さい。
&Menu.Load/&Menu.SaveAsで呼ばないと、メモリ内に正しい「仮想セーブファイル」がございませんので、&Menu.Return命令の箇所で誤動作いたします。

v4では、併せて&Menu.TitleScenarioも、これらと同じ動作になります。
v3までは、「仮想セーブファイル」を作らず単純に&Jmp命令相当で飛ぶ、という動作になっております。

従ってv4では、&Menu.TitleScenarioにクッションとなるファイル(またはアンカー)を置き、「タイトルへ戻りますか?」という確認ができます。
「はい」の場合は本物のタイトル画面への&Jmpをお書きいただき、「いいえ」の場合は&DialogFileEnd命令を書けば復帰するわけです。
最新コメント
[06/07 みずき]
[12/21 Rocco Noble]
[11/05 f]
[03/02 Ming.]
[03/02 Ming.]
忍者ブログ [PR]