忍者ブログ
ゲームを作りながらFamous Writerを開発するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あけましておめでとうございます。
旧年中はいろんな方にお世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。

新年早々言い訳で心苦しいのですが、12月中は仕事が決算で忙しく、v4のプログラムが進んでおりません。
3パターンほど構文解析器を作りましたが、どれも気に入らずボツにした程度です。

あと、出張中に電子工作を始めまして、冬休み中はそちらにかまけておりました。
パソコンを持っていかなかったので、余暇にやることがございませんで。
プログラムと音楽に続く新たな趣味ですが、私の場合はジムに通ったりではなく、ついついインドアに走ってしまうのが、何ともアレですけれども。
家に帰ってきてWindowsが使えるようになったので、やりたかったPICというマイコンに手を出した次第です。

PICは、Windows上でC言語またはアセンブラでプログラムを作成し、特殊な機械で転送してやることで、動作いたします。
プログラムで動くものなので、私が既に持っている知識が役に立ちます。

で、秋月電子通商さんという、電子工作の世界で有名な部品屋さんがあるのですが、最近128x64ドットの液晶の販売を始めました。
122x32は前からあったのですが、大きいサイズの物を売り始めたというわけです。
これをマイコンで制御して、Famous Writer製のゲームを遊べないかなと、気宇壮大なことを考え始めました。

グラフィックは、モノクロ2bitのBMPにしてもらうことで、この液晶で表示できます。2画面にすると、任天堂のDSっぽくていい感じです。
マイコンですから、中間言語エンジンは、注意深く設計すればそのまま移植できます。
ユーザーインターフェイスは、元祖ファミコンのコントローラと同じで、タクトスイッチで。
音声は22k/8bitのWAVまたはAIFF再生ぐらいなら、PICを1枚割り当ててDAコンバータをつければ鳴ります。
RAMは32kバイト(256kビット)のSRAMを何枚か搭載します。
ファイルはMMCカード(またはSDカード)で、パソコンとやりとりできます。1Gのカードなら、パソコンと遜色ない容量です。
DAコンバータとSRAMは、秋月で手に入ります(すでに買っております)。

まあ、最高20MHzのマイコンなので、最近の2GHzのパソコンの足元にも及ばず、かなりしょぼいスペックにはなります。
昔のゲームウォッチみたいなものになりましょう。
ですが、Famous Writerの命令体型で、ハードのゲーム機を動かすと言うのは、私としてはとても興味をそそられております。
画像と音声をパソコン版と別に用意すれば、そのまま使い回せるものになるといいなと思っております。
セーブデータも、ハードとパソコン間でやりとりできるようにしたいと思っております。
もちろん、回路図とhexファイルは公開いたします。

まあ、実際に着手するのは、v4が完成してからになるでしょうけれども。
お正月ということで、ちょっと夢を書いてみました。
PR
ちょっとこのところ忙しく、かつ休日も予定が詰まっていたため、ほとんど進んでおりません。
ここ二週間ぐらいで、100行ぐらいしかプログラムしてないんじゃないかな。
今日は時間が出来て、久々にEthernetのケーブルをつなぎ、メールの受信をしたら、3分ぐらいかかって笑いました。
DAZとかが数十K ByteのHTMLメールを送ってくるから、肥大化してるだけなんですがね。

条件文を複数行に対応させようと思い、テキストファイルを開いてLexerに投げるまでを作り直しております。
ちょっと大ごとになりそうかな。
もうしばらく忙しそうなんで、近況報告で申し訳ございませんが。一応生きております。
今週の頭に、Windowsノートパソコンが、ACアダプターを認識しなくなりました。
一週間ぐらい前から調子が悪いなとは思っており、今週サードパーティ製のACアダプターを買ってきて試してみても、うんともすんとも言いません。
修理に出そうと思っておりますが、Visual C++がインストールされているPCでもあるため、修理中はWindows版の開発ができません。
なお、調子が悪いなと思った時点で、ソースコードはバックアップしてありますので、開発への影響は軽微です。

という経緯のもと、C++のほうはお休みして、週の後半はv3をいじり始めました。
もう、前からv3は見たくないコードになってるとか申し上げておりますが(笑)、C++で作ってみた経験を踏まえ、アプリケーションとVMとコンパイラを分けてみたらどうかなと思い、半ば出来心でチャレンジを始めました。
特に前の二者は、C++を経験する前は一体で考えておりましたので、明確に分ける事により、少し見やすくなるかなと。
あと、最近は難度の高いプログラムをしてたんで、有り物をいじるような楽なプログラムをしたいなと(笑)。
とはいえ、v3のソースは45万文字2万行強ありますから、なでるだけでも時間がかかっております。

それから、ある方からご指摘いただいて、Windows Vistaのプログラムの本を買って参りました。
OSのバージョンを見て処理を振り分ける箇所があるのですが、今までVistaのバージョン番号が不明だったので、v3.09までは明確にVistaには対応しておりません。
まずはそこから解消しつつ、APIを洗い直したいと思っておりますが、REALbasic自体がVistaでの動作は不明です。
この辺は徐々に情報を集め、対応できるところからして行きたいと思っております。

と、いうわけで、次のアップはv3になると思います。
最新コメント
[06/07 みずき]
[12/21 Rocco Noble]
[11/05 f]
[03/02 Ming.]
[03/02 Ming.]
忍者ブログ [PR]