忍者ブログ
ゲームを作りながらFamous Writerを開発するブログ
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

C++のプログラムにQuickTime Graphics Importerを取り付け、Famosus Writerと同様の画像フォーマットが読み込めるようになりました。
直でQuickTimeを叩く分、さすがにC++だと早い。なんでこんなに重いんだろうREALbasic。
なお、市販のゲームをキャプチャした画像で試しておりましたので、スクリーンショットはお出しできません。すみません。

さて、ぼちぼちこのへんで、C++での遊びを終了します。
明日からFamous Writerの開発に戻りますが、マウスイベント等のコードの見直しから始めて、目先は選択ボタンを作ることを目標にいたします。要するに今までの続きです。

後日のこととなりますが、今回C++で遊んだ成果として、Mac版はCarbon/Classicとも、グラフィクス関係を全部C++で書こうかと思っております。
Graphics ImporterからWindowへの転送まで、一通り学習できましたので。
やってみないとわかりませんが、そこそこ速度の向上がみられるかと思います。

それから、どなたかWindowsのREALbasic Pluginの作成方法か、それを解説しているサイトさん(英語可)をご存じでしたら、教えてください。
一応、Plugins SDKのVC++6.0用のサンプルからDLLをビルドするところまではできたのですが、それをMac上のRbで使う方法がわからない状態です。
Windowsもグラフィクス関係をPluginにできると、画像の読み込みから表示まで、速度が10倍ぐらい向上するかと思うのですが。
よろしくお願いいたします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
[06/07 みずき]
[12/21 Rocco Noble]
[11/05 f]
[03/02 Ming.]
[03/02 Ming.]
忍者ブログ [PR]