忍者ブログ
ゲームを作りながらFamous Writerを開発するブログ
[57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

画像重ね合わせのソース整理は、思ったほどはかどらず。
メソッドをいくつか消すことができるかなと想定しておりましたが、ほぼ異動だけという感じでした。

その後、作り忘れておりましたアンカーを作りました。
おととい申し上げましたとおり、JmpやCallの仕組みはボタンに必要ですから。
これも面倒くさそうだったので、後回しになっておったものです(笑)。
出来てみると、なんかv4と比べてえらくソースが短いのが気になりますが、動作もしているし、論理的にも間違っていないはずなので、よしとしておきます。

それから、コンパイラが組み込み関数を解釈できるようにいたしました。
ボタンは、内部でIDを生成して変数に入れておくことにより、そのIDを呼び出すことで、いつでもいじることができるようにしたいのです。
ちょうどレイヤーの、Layer.Noみたいな感じですな。

例えば、最初の方で、
  %button1 = NewButton( /button.bmp );
と書いてボタンを生成した後、どこか任意の場所で、
  Button.No = %button1;
  Button.Visible = True;
みたいな事ができるようにしたいのです。

覚えていただくと、飛躍的に自由度が高いボタンになりますが、私としては後方互換も容易なのがポイントです。
例えば、v3の選択ボタンは「IDの生成と消去をFamous Writerが自動でやるボタン」として実装できます。
メニューボタンは、各メニューボタンにIDを記憶しておくだけで済みます。
そんなことを考えております。できるかわかりませんが。

で、アンカーと組み込み関数のついでに、コンパイラのコード整理を中途半端な所までやって、本日は時間いっぱいです。
何でもかんでもコンパイラクラスに突っ込んでたら、いつのまにかメソッドが1024*768の画面に収まらなくなってました。
バイトコードの生成を別クラスにできそうな感じに設計変更を始めましたので、明日はその続きをやります。
Compiler Class
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
[06/07 みずき]
[12/21 Rocco Noble]
[11/05 f]
[03/02 Ming.]
[03/02 Ming.]
忍者ブログ [PR]